1. Hyokyo-net
  2. 大学院同窓会
  3. 研究会開催情報
  4. 社会系コース同窓会「嬉野会」主催の「第9

研究会開催情報

社会系コース同窓会「嬉野会」主催の「第9回UTS教育研究会」開催のお知らせ(9月25日)

第9回 UTS教育研究会開催のお知らせ

兵庫教育大学社会系同窓会嬉野会主催の第9回UTS教育研究会を下記の要領で開催いたします。
UTS教育研究会は大学院修了生、学部卒業生を問わず参加できる研究会です。
参加を希望される方は直接会場へお越しください。(現役生・社会系以外の方も参加できます。

1.日   時 :平成28年9月25日(日) 13:30~16:00(受付13:00~)
                          
2.場   所 :兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス 講義室5

3.アクセス :神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」又はJR「神戸駅」下車南へ5分
               地図

4.講  師 :福村徳重(ふくむら のりしげ)先生 
              (臨床心理士、兵庫県スクールカウンセラー、キャンパスカウンセラー)

5.テーマ : 「学校教育とこころの問題」

6.内 容 : 
学校教育の現場で出会う子どもの悩み、親の悩み、教師の悩みなど多くの事例から浮か び上がってくる問題は何か。また思春期の子どもの悩みにはどのようなものが多いのかなど臨床心理士の専門家の立場からお話をいただきます。講演の後、出席者の皆さんから多くの質問をいただいて、それに応えるという形で研究会を進めたいと思います。

7.ねらい : 
現在の学校教育現場では、教師一人の力ではとうてい処理できないような問題が次から次へと起こっている。生徒間の「いじめ」の問題、生徒の不登校・引きこもり、教師の体罰問題、保護者の学校へのクレーム、新任教師の生徒指導や部活動指導、学級経営上の悩みなど例をあげれば枚挙にいとまがないほどである。以前はベテラン教師の助言や教師の努力で片付けられてきた問題も、複雑化・深刻化しますます対応が難しくなってきている。 教師個人の力では及ばない部分も多く、医師や臨床心理士などの専門家の力を借りて初めて問題解決の糸口がつかめることも多い。教育現場で生じる問題行動の多くが、児童・生徒を取り巻く人間関係や生活環境(学校生活・家庭生活)に起因し個人の力では処理できない状況下で起こっているからだ。今回の研究会では学校カウンセラーとして多くの子どもや保護者、教師の相談に携わり、心のよりどころになってこられた福村先生をお招きして現代教育の抱える問題とその解決策を考えていきたいと思います。

8.関連分野:
特別支援教育、学校カウンセリング(教育相談)、学級経営、生徒(生活)指導、保護者対応、教師教育など

9.参加費用:
嬉野会会員(会費納入者)は無料です。
会員外で参加希望される方は下記までお問い合わせください。
◎兵庫県立須磨東高等学校教諭(嬉野会)山下恭     ☎ 078‐793‐1616 
◎兵庫教育大学大学院社会系教育コース 小南研究室   ☎ 0795-44-2158

10.アンケートの実施:
UTS教育研究会では参加者の方へのアンケートを行っております。
参加される方はぜひご協力のほどお願いいたします。

11.交流会の開催:
研究会終了後、場所を変えて交流会を実施します。さらにご質問などある方、興味のある方は引き続きご出席ください。

≪福村徳重(のりしげ)氏のプロフィール≫
◎臨床心理士(日本臨床心理士認定協会)
◎兵庫県スクールカウンセラー、兵庫県キャンパスカウンセラー
福村徳重先生は兵庫県のスクールカウンセラー、キャンパスカウンセラーとして、学校現場で活躍されています。また「こころの相談室Sora」室長として、専門家(臨床心理士)の立場から多くの子ども・親たちをはじめ、様々な悩みを抱えた方と共に悩み、話し合い、心の支えとなってこられました。
◎所属学会
日本心理臨床学会、日本児童青年精神学会、日本ロールシャッハ学会、日本行動療法学会
日本思春期青年精神学会

 

2016年8月31日掲載

ページの先頭へ