1. Hyokyo-net
  2. 大学院同窓会
  3. 同窓生の著書紹介
  4. 古典に学ぶ「臨床教育学」~現代の教育を「臨床教育学」する~

同窓生の著書紹介

古典に学ぶ「臨床教育学」~現代の教育を「臨床教育学」する~

古典に学ぶ「臨床教育学」~現代の教育を「臨床教育学」する~
著者  津田 直子 (学校教育専攻 生徒指導コース 平成10年3月修了(第17期))
発行  文芸社
発行年月  2015年5月15日発行

著書の紹介

書名が示す通り、『風姿花伝』『論語』などの古典から多くの示唆を受けて鋭く、また美しく論を展開している。
ユニークで教えられるところの多い現代教育論として、広く読まれることを期待する。

目次

<目 次>

第一章 はじめに
   1 『徒然草』に倣って
   2 筆者の来し方とこの本への思いれ


第二章 学校教育とは-ウチとソトとの認識の違い-
   1 学校と勉強-学校だけが勉強の場か-
   2 教育指導(生徒指導)とは-学校教育が成立するかどうかの瀬戸際-
   3 学校の「危機管理」とは-その意味と実際-
   4 「人間関係」と「危機管理」-学校における最大の危機の発生源-
   5 学校教育以外の「教育」-大きく広がるその範囲-

第三章 現代社会と教育
   1 教育の移り変わり-時代の変遷と教育-
   2 IT社会の功罪-大学入試での携帯電話不正使用事件を通して-

第四章 「伝承」-教育における教え伝えることとは-
   1 弟子に受け継がれた「技」-金メダルへの十二年の道のり-
   2 伝統を守り伝える儀式-変わらずに変わる老舗の味-
   3 精神を受け継いで一人前-ある寿司職人の親方と弟子-
   4 筆者のささやかな経験-筆者の背中を見ていた教え子たち-

第五章 人を育てる-「教育」における「育てる」とは-
   1 筆者が「育てた」二人の子ども-対照的な関わりの効果-
   2 「教師」と「育師」-学校教育における「育てる」とは-

第六章 教育と人間関係-何より大切なもの-
   1 学校教育と「人間関係」-その複雑なあり様-
   2 「人間関係」スキルとしての「交流分析」-その活用法の提案-

第七章 教育における有機栽培の可能性
   1 りんごの有機栽培への挑戦-実現までの苦難-
   2 究極の有機栽培-そこに見る深い哲学-
   3 りんごの木と子ども-そこから見えてくる現代の教育問題-

第八章 学校教育の「枠」のウチとソト-「個性」の難しさ-
   1 「制服」と「個性」-その関係とは-
   2 「個性」の二律背反-その取り扱いの大変さ-

第九章 テレビ番組や映画の臨床心理学的分析-斜めから楽しむ試み-
   1 善人が引き起こす迷惑-二人の医師の対照的な生き様-
   2 禁止令の恐ろしさ-裏のメッセージがもたらす悲劇-
   3 スーパーバイズとは-『羊たちの沈黙』に見るそのあり方-

第十章 教育の表と裏-「教えること」と「教えられること」の関係とは-
   1 『ハスラー2』に見る「教えること」と「教えられること」-その表と裏-
   2 教員の「教えること」と「教えられること」とは-体験や見聞からの考察-

第十一章 理論と実践の関係とは-「臨床教育学」の意味と意義-
   1 あるシェフの試み-そこに見出せる「臨床」の意味-
   2 理論と実践の折り合い-「臨床教育学」のあり方とは-
   3 現状をどうする-「臨床教育学」の可能性-

第十二章 「意欲」の大切さ-学ぶことの原動力としての働き-
   1 「意欲」の格差の問題-その理論的基盤の「教育臨床社会学」-
   2 「意欲」溢れる人たち-意欲的に学ぶ二人の高齢者-

第十三章 古典と教育 一-『論語』に見る教育の本質-
   1 古典に見出す教育論-古今東西の教育論-
   2 『論語』に見る「教育」の本質-「教育」における不易-
   3 『論語』の中身-現代にも通じるその内容-

第十四章 古典と教育 二-『風姿花伝』に見る日本の教育の原点-
   1 『風姿花伝』との出会い-筆者と『風姿花伝』との縁-
   2 『風姿花伝』とは-驚嘆すべきその内容-
   3 教育論としての『風姿花伝』-「修行」と「教育」との共通点-
   4 『風姿花伝』と臨床心理-演劇の臨床心理学的理解とは
   5 「芸」の技と心理面接-演劇と心理面接との共通点とは-
   6 「型」と技、そして技から「芸」へ-目指すべき理想の境地-
   7 教育論としての『風姿花伝』-「修行」と「教育」との共通点-
   4 『風姿花伝』の凄さ-現代に生かすべきその内容-

第十五章 ここで「打ち止め」



 

2018年5月14日掲載

ページの先頭へ