1. Hyokyo-net
  2. 大学院同窓会
  3. 在学生からの大学生活短信
  4. 「大学院での生活」

在学生からの大学生活短信

「大学院での生活」

吉田 晴彦 さん吉田 晴彦 さん

大学院学校教育研究科修士課程
教科教育実践開発専攻
理数系教育(理科)コース

修士課程の理数系教育コース(理科)に入学して、約4か月が過ぎました。久しぶりの学生生活で、授業をする立場から、授業を受ける立場になり、初めは戸惑いもありましたが、少しずつ慣れていきました。今年度一緒に入学した1回生7名(昼間)は、ストレートの学生が4名、教員経験者が3名です。今までの教員生活では接することのなかった、いろいろな年齢、校種、専門分野の学生の方々と話をしながら、大学院生活を送ることができています。

理科コースの授業は、物理・化学・生物・地学など、理科の内容について深く学ぶ講義や、実験や観察を行うもの、学生が生徒役になって模擬授業をする実践的なものまで、様々です。自分が専門ではない分野の授業は難しく感じることもありましたが、先生方は丁寧に質問にも答えて下さいます。また、教育学部出身ではない私にとっては、理科をどうやって教えるかについて、今まで勉強不足だったことにも気づき、どんな授業を目指すべきか改めて考えるよい機会となっています。

science.JPG

また、毎年、理科の院生や学部生が中心となり、小野市で「サイエンス祭」というイベントを主に子ども向けに行っています。M1のメンバーが中心になって、企画・考案した面白い科学実験などを、子どもたちに体験してもらいました。
4日間の開催期間中、会場はたくさんの来場者でにぎわい、初めて見る実験に喜んだり驚いたりする子どもたちの顔を見ることができました(写真は当日の様子です)


最後に兵庫教育大のまわりは、とにかく都会に比べ自然が豊かです。イノシシが歩いていたり、いろんな鳥やカエルの鳴き声が聞こえたり、夜になると星もきれいですね。理科が好きな人にはおすすめの環境です。

2017年9月 1日掲載

ページの先頭へ