1. Hyokyo-net
  2. 大学院同窓会
  3. 入会案内

入会案内

大学都道府県連携推進本部との協同事業により大学院同窓会員が得られる特典

  1. 大学院同窓会員の証として「兵庫教育大学大学院同窓会会員記章(ピンズ)をお渡しします。
  2. 同窓生の活躍の場は47都道府県下の学校・園、大学、教育行政・研究機関等々に及び、都道府県域を超えた人的ネットワークが広がっています。
    平成29年度末で大学院修了生は9,700人になります。在学院生約600人も含めて交流の機会が多く設けられていますのでネットワーク参加は容易であり、研究推進や職務遂行における情報交換等に利用していただけます。
  3. 同窓会本部が主催する研究会や研修会はもちろん、各都道府県支部が開催する研修会等に参加できます。
  4. 「同窓会報」や「大学広報誌:教育子午線」等が定期的に配送され、時代に即応した教育情報を継続的に得ることができます。また、大学院同窓会の実践研究誌『教職の先達』を希望する会員にのみ半額(500円)で販売しています。
  5. 都道府県連携推進本部が「教育実践ネットワーク(Hyokyo-net)」を運営しています。本サイトは 大学の公式サイトと相互リンクさせ、一体となって教育情報等を発信するシステムに整備しています。
    在学中の研究調査や先行研究の文献検索に、また、修了後の自主研究のための文献参照やデータ収集に、大学が保持する豊富な情報を容易に得ることができます。そして、都道府県支部紹介のページ等、会員相互の交流を深めるツール機能も充実しています。
  6. 新入学の院生を対象にした「兵庫教育大学大学院同窓会研究助成金制度」を平成24年度に新設しました。同窓会が研究経費を助成しています。
  7. 修了後に自己研究を行う際に「大学教員との共同研究」を申請することができます。大学から研究経費の一部が援助されます。
  8. 修了生本人や構成員となる団体を対象にした「教育実践研究活動等に係る表彰制度」があります。教育研究・教育実践・社会貢献等において顕著な功績や実績があった時、学長と同窓会長との連名でその栄誉が讃えられます。なお、同窓会主催「教育実践研究論文募集」応募論文の中から選考されたものも授与の対象となります。
  9. 在学院生が組織する院生連絡協議会との連携を推進しています。各都道府県の教育(教員採用)情報を得ることが出来ます。
  10. 研修会や会議の会場として大学が管理する施設(本学、神戸ハーバーランドキャンパス)等を、定められた条件の下で利用することができます。

ページの先頭へ