1. Hyokyo-net
  2. 学部同窓会
  3. 同窓会長からのメッセージ

同窓会長からのメッセージ

同窓会でつながる

顔写真大石 学(西宮市立浜脇小学校教諭)
兵庫県出身。平成7(1995)年、学校教育学部(学校教育専修)を卒業後、大学院修士課程教育基礎コースへ入学し、平成9(1997)年に修了する。現在は、西宮市立浜脇小学校在任。

何かとつながっていることが安心を与え、心のよりどころとなるときがあります。
私にとっても、この大学で過ごした時間、場所、そして仲間とのつながりが、今の自分に大きく関わっているように思えます。

さらに卒業してからは、ほかのつながりもできます。
大学の先輩方とのつながり、後輩たちとのつながり、大学との新たなつながりです。

いまある、つながりを大切にしつつ、新しいつながりを模索しながら、同窓会で人生がちょっと豊かになった ‥‥ そんな同窓会でありたいなぁ、と思っています。

さて、昨年には「30年記念式典」を開催しましたが、本年1月5日には「総会・研修会」を開催することができました。この同窓会は会員相互の親睦と在学生への支援を主なねらいとしています。これからは、卒業生みんなが集う会として兵庫教育大学学部同窓会を毎年開催していきます。

今会は、9期・10期・19期・20期の4学年の幹事長(代表)が世話人として活躍してくれました。様々な世代の同窓生が集まり、和やかな雰囲気の中、親睦を深めることができました。

次年度は2014年1月11日(土)に行ないます。7期・8期・17期・18期、そして今春卒業する28期の学年幹事長5名が世話人として会の運営に携わってくれます。もちろんこれらの期生だけではなく、同期や先輩、後輩をお誘い合わせの上、皆さまふるってご参加ください。

これからも、先輩方が育ててこられた、兵教大の匂いと伝統を大切にしながら、受けとったバトンを、次の世代にしっかりと渡せるようにしていきます。

この同窓会が皆さまの世代をこえた交流の一助となること、またその交流によって皆さまの新たな『気づき』や『発見』や『幸福』につながることを願ってやみません。

また、今後も後輩たちへの支援を微力ながら続けていきたいと思います。

今後とも、会員の皆さまの今後のご発展とご活躍に期待いたしますと共に、同窓会活動へのご支援とご協力をお願い申しあげます。

平成25年1月吉日

ページの先頭へ