1. Hyokyo-net
  2. 大学の教育・研究と社会貢献
  3. 現場に役立つ教育問答
  4. 高等学校の新教育課程における地理歴史科の

現場に役立つ教育問答

高等学校の新教育課程における地理歴史科の趣旨について解説して下さい。世界史の改善事項で注目すべきことは何ですか?

原田 智仁 (社会・言語教育学系 教授)

前回に掲載した、地理歴史科の改善事項に関する回答と若干重複しますが、それも大きく次の3点が挙げられます。

1.地理や日本史との一層の関連づけが図られたことです。
地理的条件に関しては、世界史Aの内容(1)に「ア 自然環境と歴史」、世界史Bの内容(1)に「ア 自然環境と人類のかかわり」が新設されました。
また、日本史との関連づけに関しては、例えば世界史Aでは、「結び付く世界と近世の日本」、「アジア諸国の変貌と近代の日本」、「地球社会と日本」というように、大きな時代区分の中で世界と日本との同時代史的な取扱いが重視されました。

2.言語活動を意識した主題学習の充実が図られたことです。
世界史Aでは、現代の課題を歴史的に探究する従前の終結部における主題学習に加え、新たに導入部の内容として「(1)世界史へのいざない」が新設されました。また、世界史Bでは従前の「(1)世界史への扉」を継承するとともに、新たに通史的内容の大項目中にも主題学習を位置づけました。それが、内容(2)の「エ 時間軸からみる諸地域世界」、(3) の「エ 空間軸からみる諸地域世界」、(4)の「オ 資料からよみとく歴史の世界」、(5)の「オ 資料を活用して探究する地球世界の課題」です。生徒の主体的追究を促すという従来型の主題学習の趣旨を踏まえつつも、新たに歴史学習のスキルを高め、言語活動の充実を図ろうとしたものととらえることができます。

3.世界史Aでは前近代史の内容を大幅に精選したことです。
世界史Aの登場以来の課題が、いかにして近現代史に内容を特化させるかというものです。A科目はB科目と全く性格を異にする科目として位置付けられているのですが、同じ教師がAとBを教えることが多いためか、ついついAはBの内容を薄くしたものと受け取られがちです。だから、どうしても人類の誕生から年代史的に扱おうとしがちですが、それではわずか2単位で近現代史をきちんと教えることはできません。そこで、今回は大胆に前近代史を扱う大項目を削除しました。その代わりに、先述のごとく最初に主題学習項目「(1)世界史へのいざない」を設置し、続く近代史を扱う内容(2)の冒頭に「ア ユーラシアの諸文明」を位置付けたのです。したがって、いわゆる前近代史については人類の誕生から始めて近代へと至るやり方をとるのではなく、近代世界を理解するための前提として不可欠なユーラシアの諸文明について、基礎的な事項に絞って扱うというスタンスで臨むことが求められるでしょう。

2011年2月 1日掲載

ページの先頭へ